ありがとうギター

THX-GTRs!僕らを楽しませてくれて!!

ギター関連コラム

僕がギターを手放せない理由

投稿日:12/08/2021 更新日:

僕はギターが手放せない。
後述する理由もあって、ギターが手放せないのだ。

ゆえに、ギターは増える一方である。

というか、ギターを手放すタイミングが来るとしたらいつなんだろうか??
何があったらギターを手放せるのか??

そんなことを考えました。

ギターを手放せる時って・・・?

実は僕も何度となく「手持ちのギターを売ってお金にして、新しいギターを買う資金にしよう」と思ったことはあるんです。

でも都度、思いとどまりました。
妻が「本当にギター売りたいの?それともお金が欲しいの?」みたいなことを言ってくれたのも影響していたと思います。

そう・・・ギターを手放す理由が「お金」なのであれば、お金をゲットする手段を考えるべきであって「ギターを手放す」ということと直接リンクさせてはいけないはずなんですよ。
・・・そもそもヴィンテージギターでもない限りは買ったときよりも安い価格で下取りされるだけですし、、、二束三文にしかならない可能性もありますしね。

なので(生活に困って困って仕方ない場合を除き)お金のためにギターを手放すというのは僕の人生では今後ないんだろうと思いました。

不要になったとき?

そうなると考えられるのは・・・いらなくなったとき、ってことなのかなと。

たとえば、ですよ。
今使ってるタイプのギターで、より上位機種を購入したからエントリー機はもう今後使わないだろう・・・みたいな理由があれば手放せるのではないだろうか??

—否!!!

ダメなのである。
どれもこれも愛しいので、そんな理由ぐらいでは手放せない。
むしろ手元において比較したいのである。

不要になるというのはもう僕の両手が動かなくなるなど、ギターを二度と弾けない体になってしまわない限りはありえないのではなかろうか・・・。
※それでも観賞用、所有欲を満たすために手元に置いておきそうな気もするけど・・・いや、さすがに弾けないのは悔しいから手放すかもなぁ。。

家が手狭になったとき

あとは本数が増えすぎちゃって、もう家に置いておけない!!みたいになったらさすがに考えるかもです。

それでもレンタル倉庫を借りるとか・・・家の天井付近に棚を新設してそこにしまうとか・・・一通り試したあとだろうけども。

ちょっと狭いぐらいなら、みんな奥さんや彼女さんに文句を言われながらもギターを置いてますもんね。
なんだったら飾ってますものね!

死んだあと

んで!
僕が唯一「手放してもいいや」って思えるのはこのタイミングなのです。

そう、自分が死んだあと。

もうね、今からでも遺書に書いておこうと思うのですが、二束三文だとしても僕が死んだあとにはギターをどこぞに売っぱらってお金にしてもらって、それで残された家族には美味しいものでも食べて欲しいです。

もちろん息子が引き継ぎたいというのなら自由にしてくれたらいい。

やっぱり生きててナンボみたいなところはありますのでね。
死んでしまったあとはどうなってもいい。あの世に持っていけるのかどうかもわからんので、棺桶に入れてもらうにしても一番安いヤツでいいんです。

お笑い芸人のくっきーさんはヴィンテージのレスポールJr.を棺桶に入れて欲しいって言ってたけど・・・貴重なヴィンテージがそういう経緯でどんどん燃やされていったらたまんないっすよねw
・・・あれかなぁ、著名なギタリストだったらオリジナルのTHE BURSTを棺桶にいれちゃうのかしら、、、(レプリカあげるから代わりに譲ってくれい)

ワイがギターを手放せない個別の理由

誰得ですが、僕がギターを手放せない個々の理由も簡潔に書いておきます。

1本目:Boogie produced by Greco

楽器としての資産価値すらないようなギターですが、「最初の一本」ということで思い入れがあります。
そんなもん手放せないに決まってる。

棺桶に入れてもらうならこれかなぁw

Boogie Produced by Greco (BG-1)というギターについて

2本目:Fernandes TEJ-50MS

「母に買ってもらったギター」ということで手放せません。

他人から買ってもらったものはよう手放せんのじゃ。。

Fernandes TEJ-50MSというギターについて

3本目:Gretsch Electromatic G2618 Sparkle Jet

Gretsch Electromatic Jet Sparkle G2618というギターについて

これも特に資産価値はないですが・・・初めての給料で買ったギターということで手放せないかなとw

しかも派手にカスタムしちゃったので、放出したところで欲しい人もいないことでしょう、、、。

4本目:Epiphone LPC 3PU Black Beauty

そこそこの資産価値はありそうなので一番手放せそうなギターなのですが・・・
LPCってこれ一本しか持ってないですし、とりあえずは手放せないです。(比較用に)

あとほら、初めて買ったレスポールと言った意味でも。

Epiphone Les Paul Custom 3PU (Black Beauty)というギターについて!

5本目:Gretsch White Falcon Jr. G7594?

初めてのグレッチ・・・というわけで手放せない。・・・というのもあるのですが!
これ、妻がまだ「彼女」だったころに、はじめて一緒に買いに行ったギターなのです。

しかもその日のうちに、妻の実家に「娘さんをください」をやりにいったという・・・思い出のギター。
(さらには手持ちで唯一のホロウボディ)

いろいろ詰まってて手放せるわけがないです。

6本目:Greco RJ-85

グレッチの偽物。
そんなのも唯一だし、珍しいし、MADE IN JAPANだし、自家塗装しちゃったし・・・で、手放せませぬ。。。

7本目:Gretsch ROC JET

初のヴィンテージギター。
一切の妥協なしで、ローン組んで買って妻に泣かれたという思い出があり・・・手放せません!!

(でも実はめちゃくちゃ貧しかった時代に一回本気で手放そうか迷って・・・冒頭で書いたとおり妻に「売る意味がわからん」みたいな言葉で止められた一本なのだ)

8本目:Squier Affinity Stratocaster

手持ちで唯一のフェンダー直系アイテム。

という理由以外にも、結婚して1年目のクリスマスプレゼントに妻に買ってもらったものでして、絶対に手放せないのである。

9本目:Tokai Love Rock ALS48

ハニーバーストが美しいので手放せませぬ・・・!

あ、あと手持ち唯一のディープジョイントなので・・・。

10本目:Gibson Les Paul Studio 1999

初めてのギブソンってことで手放せません!

11本目:Playtech LP500 Quilt

P-90タイプが乗ったレスポールなんてこれしか持ってないので手放せないのだ。

おわりに

まぁ、そういうわけで僕は死ぬまでギターを手放せないのです。
ギターに限らず、アンプやらエフェクターやらもそうなのだ。

ただまぁ実際は手放したとしても、その思い出は僕の心に残るわけなので、本当は手放してもいいのかもしれない。

また、手放してくれる人がいないと、僕が中古市場を漁ることもできないのである。

-ギター関連コラム

執筆者:

関連記事

Gibsonギターの製造年とモデルイヤーについての考察

ギブソンのギターはシリアルナンバーから製造年月日と工場までをある程度判別できます。 公式サイトでも案内があるので、手持ちギターのシリアルさえわかれば完璧です。 Serial Number Search …

ピックの素材一覧(確認できるかぎり)

ギターのピック、こだわってますかー!? 今日はギターピックの素材についてちょっとまとめました。 Contents1 プラスチック1.1 セルロイド・アセチルセルロース1.2 ポリアセタール1.3 ポリ …

色んなLes Paul MODELのヘッド金文字(シルクスクリーンロゴ)をあつめました。

Gibsonが1950年代に世に放ったエレキギター、レスポール・モデル。 そのスタンダードモデルの生産が再開された1970年代中盤ぐらいから、日本をはじめとするアジアのギターブランドではレスポールモデ …

Squierストラトにレインボートーンをかます!

手持ちのストラトキャスター(スクワイヤ・アフィニティ)にレインボートーンカスタムをかましました。 レインボートーンカスタムというのはストラトのPOT周りをちょっといじくることで、7色のサウンドが出せる …

他人のギター自慢を見るのが楽しい

ギターの楽しみ方の一つに「眺める」というものがありますよね。 ただただギターを見る・・・舐めるように見る。これがまた至福の時間である、、、ギターを肴に酒が飲める。。。というのはギタリストあるあるの一つ …